公開調査データ

「朝ごはん」に関するアンケート

調査概要

調査手法
インターネットリサーチ
実施期間
2015年6月18日~2015年7月31日
調査対象
管理栄養士・栄養士 176名 ※年齢、性別不問

※割合については四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります。

回答結果のご紹介

9割強の方が週4日以上朝食をとっています。

Q:あなたは朝ごはんをどのくらいの頻度で食べますか。(N-176)

9割強の方が自宅で朝食をとっています。

Q:朝ごはんはどこで食べることが多いですか。(N-176)

参加者の6割が「1人」と回答。

Q:朝ごはんを食べる人数を教えてください。(N-176)

ほとんどの方が「朝ごはん」を大切なものと認識。

Q:朝ごはんを食べることは大切だと思いますか。(N-176)

「洋食」が和食を若干上回る結果に。

Q:毎日の朝ごはんのメニューで最も多く食べているジャンルは何ですか。(複数回答:N-176)

その他の意見

  • カップスープ
  • 果物、ヨーグルト、カフェオレ
  • バナナ、キウイとプレーンヨーグルト、ミルクティ

コメント

洋食と和食を合わせると約8割の方が毎朝主食をしっかり摂っているという結果になりました。 朝からしっかり栄養バランスを考えた食事をしている方が多そうですね。
また、シリアルやドリンク(スムージー等)など忙しい朝に手軽に食べられるジャンルにもニーズはあるようです。

約4割の方が「ヨーグルト」と回答。続いて「野菜」「果物」という結果。

Q:主食以外で、あなたが朝ごはんに毎日必ず食べているもの(食べるよう心掛けているもの)はありますか。(複数回答:N-176)

コメント

4位に牛乳がランクインしていることも踏まえると、朝に乳製品を摂るように意識している方が多そうですね。野菜は毎食摂りたい食品ですし、果物も夜なら朝に摂ることが推奨されている食品のため、カラダへの働きを考えて食べるものも選んでいるようです。

「準備が簡単」「簡単に食べられる」が半数以上の支持。

Q:朝ごはんで食べるものを選んでいる基準、理由はなんですか。(複数回答:N-176)

コメント

忙しい朝は準備も食べることも手軽さが求めらている傾向がありそうです。次いでランクインしたバランスのとれた食事であることは、やはり管理栄養士・栄養士の方ならではの意見ですね。

「炭水化物」が第一位。続いて「ビタミン類」「たんぱく質」という結果。

Q:朝だからこそ意識をしてとった方が良いと思う栄養素・栄養成分はありますか。(複数回答:N-176)

選択の理由

  • 身体を動かすために重要なエネルギーとビタミンB群を確保するため(炭水化物・ビタミン)
  • 血糖値を正しく上げるため。(炭水化物)
  • エネルギー源になりやすい炭水化物、それに関連してビタミン類、ミネラル類が必要である。(炭水化物・ビタミン類・ミネラル類)
  • 脳はブドウ糖しかエネルギーにしないため、炭水化物は必須。各栄養素の代謝が円滑に進むように、ビタミン、ミネラルも必要。(炭水化物・たんぱく質・ビタミン類・ミネラル類)
  • 昼、夜と外食になってしまっても大丈夫なように、朝にビタミンミネラルを補給しておきたい。(ビタミン類・ミネラル類)

コメント

炭水化物はエネルギー源となるため、1日のスタートには意識して摂りたい栄養素のようです。その炭水化物の代謝の視点からも、ビタミン、ミネラルも合わせて選択している方が多いようです。特定せずに色々な栄養素を摂るように意識して欲しいという意見も多くみられました。

子供の成長に関しても、ほとんどの方が「朝ごはん」を大切なものと認識。

Q:子供の成長の観点から朝食は大切だと思いますか。(N-176)

回答の理由(一部)

  • 子供の頃に食習慣が性格や生活に影響を与えます。朝、起きて家族で朝食をとる習慣はかけがえのないものと思っています。
  • 学校に勤務しているが、欠食児童は集中力がないと思う。
  • 特定保健指導で対象者に話を聞いた際、子どもの頃から朝食は食べていないと答えた方が8割程度いた。その方たちは未だに朝食を欠食し、夕食過多となっているため、子どもの頃から、3食きちんと食べることで生活習慣病を防げると感じたため。
  • 成長期の子供にとっては相対的に考えると必要な栄養素を摂取するには3回から4回に分けるのが適当だと思うからです。
  • こどもは代謝もよく、エネルギーを消費しやすいので、朝からエネルギーを取る必要があると思う。
  • 血糖コントロール不備による若年性糖尿病の恐れがあるから。

コメント

大切だと思う理由は、栄養面からはもちろんですが、人格形成や将来を考えてなど理由は多岐に渡るようです。子どもの頃から可能な限り、朝食を食べる習慣を付けておくことの大切さは高そうです。

Pick Up!

参加者の声

Q.昨今、単身者の朝食の欠食が指摘されています。単身者が朝ごはんを食べるには、どんな工夫をしたらよいと思いますか。

学校や職場で無料~安価な朝食を提供する。

食品・健康食品メーカー

夜の食事(食べる時間や内容)を見直すことから。

食品・健康関連会社

朝食を摂ることの大切さがもっと周知されると良いと思います。

無職

前日に用意しておくのが一番だと思う。その際に身近なお店で栄養バランスの取れる食品の選択が出来るように、基本的な知識を栄養士から提供できる仕組み作りがあると良い。

クリニック・特定保健指導

朝の食事が苦痛に感じている方が多いので、何でもいいので口にすること習慣にして朝食への準備を促す。食べることが苦にならなくなってから工夫を伝えるようにする。

フリーランス

食べることが楽しみになるような物を前日に用意しておく。

学校・教育機関

前日の夜の食事や就寝時間に影響されると思うので、まずはそこから見直しして対策する必要があると思う。

食品・健康食品メーカー

何でもいいからまずは口にすることから始めると、少しずつ食べることが習慣になっていくのでは?(自分はヨーグルトやゼリーでした。)

無職

コメント

まずは何か食べる習慣を付けること、次の段階として栄養面への配慮を考えている方が多いようです。 栄養バランスがしっかりと整った食事が理想ですが、まずは手軽に食べられるものからはじめても良さそうです。朝食を食べるメリットをしっかり理解し、習慣化することで、少しずつ欠食率も下がりそうです。

食プロリサーチでは、随時新しいプロジェクトを計画中です。皆様からのご参加をお待ちしております。

その他の調査結果をみる

↑ページの先頭へ

食プロリサーチ

食プロリサーチ事務局【平日9:00~17:00】

info_members@shoku-pro.com

※「shoku-pro.com」からメールが届くように設定の上、下記までお問合せください。

「食プロリサーチ™」をご利用希望の企業・メーカー様はこちらをご参照ください。

Copyright© RD SUPPORT Co,.LTD. and insights Inc. All Rights Reserved.