インタビュー

専門家視点をマーケティングに活用

お客様

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
マーケティング本部
レモン・ナチュラルフード戦略部 係長
幸尾 祥平 様

http://www.pokkasapporo-fb.jp/

調査概要

■調査対象商品

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
「メディッシュスープ コーンポタージュ」
「メディッシュスープ じゃがいもポタージュ」
http://www.pokkasapporo-fb.jp/medish/

■目的

手軽にカルシウム、タンパク質が取れる食品として「シニア向け」「介護食」という商品コンセプトの検証と、その他の商品展開の可能性について、食の専門家である管理栄養士・栄養士を対象に調査を実施。

■調査期間

2014年10月10日(金)~10月26日(日)

■調査対象

管理栄養士・栄養士 130名 ※年齢、性別不問

■実施内容

商品を試食の上で、味、おすすめしたい世代、商品の魅力、活用シーン等、管理栄養士・栄養士の専門的知見からの意見として収集。

■調査方法

WEBアンケート、製品モニター

◆「食プロリサーチ™」サービスの導入を決めた理由についてお聞かせください。

今回はシニア向け「栄養サポートスープ」ということで市場にエントリーしましたが、「カルシウム」「タンパク質」が手軽に取れる食品としてシニアだけでなく他のターゲット・他のシーンにも受け入れられると考えていました。

そこで、栄養の専門家である管理栄養士・栄養士の視点から「メディシュスープ」という商品が、コンセプトも含めどのような可能性があるか、について探ることを主目的にサービスを利用させていただきました。

◆「管理栄養士・栄養士」の意見から吸い上げたい情報、知りたいポイントはどのような事でしたか?

調査の目的として、マーケティング上での仮説の検証は当然ですが、専門家ならではの(予想もしていない)意見にも期待をしていました。

よい商品を市場に送りだしても、単一の方向性(ターゲット)しか見えない商品はなかなか受け入れられない場合があります。

今回は敢えて「シニア向け」という商品情報を隠してアンケートを行った訳ですが、シニア向け(中でも介護向け)は想定していた評価を得ることができたと思います。またカルシウムが足りない方、骨粗鬆症の方、お子様の成長サポート等も予想していた評価をいただくことができました。

その他に「ダイエット」「朝食の欠食率が高い社会人向け」など、予想していなかった回答が得られたところは非常に良かったと思います。

◆その他、「食プロリサーチ™」サービスを利用されてよかった点をお聞かせください。

第三者であること、また有資格者(栄養のプロ)の意見として、メニューのアレンジや、利用シーン、誰向けにお勧めか、といった具体的コメントはすごく説得力があると思いました。

商品展開の主軸はもちろん「シニア向け」ですが、それ以外の売り場検証のきっかけになりました。商談時にこういった(別方面の)「売り場」にもチャンスがあるのでは?と交渉するなど新たな可能性開拓の元になっています。

あるドラッグストアでは「介護食」という売り場ではなく、健康食品のなかでもバランス栄養食と呼ばれる商品群のとなりに本商品を置いているケースもあり、取得したデータに紐づく売り場づくりが行われております。

設定したターゲット(シニア向け/介護食)の“カウンター”として、商談を広げることができるようになったと思います。

◆今回得られた結果(情報)をどのように活用されますか?

業界向けには既にあるパンフレットに付け加えるかたちで使いたいと思います。

またエンドユーザー向けとしては、(ドラッグストア等)店頭のコピーにもコメントを追加して訴求したいと考えます。企業側からのメッセージだけでなく、第三者の有識者の意見は店頭のお客様にはとても響きます。

その他、webページのコンテンツとしてよりわかりやすい商品説明の材料となれば、と考えています。

◆最後に

いろいろな方の栄養指導に携わる立場からの意見(公約数的な意見)としてデータをみることができるので、得られた結果は有効に活用できるのではないか、と思います。

数ある商品のなかから“選択”するきっかけとして「専門家の意見」というものはやはり重要になってきます。

スープという商品ですので、食に関する興味喚起という意味でも、お客様のライフスタイルにあわせ、試せる、選ばれる商品として、美味しさと機能を充実させていけるよう今後も力を入れてきたいと思います。

専門家視点をマーケティングに活用

「専門家の視点」を通して、開発コンセプトに基づく商品の強みを定量化し、さらに定性的データから新たな可能性の発掘ができた、という点で評価をいただきました。今後も商品の送り手と市場を繋ぐツールとして、より良いサービス提供を心がけていきたいと思います。ご利用ありがとうございました。
(食プロリサーチ)

webサイトからのお問い合わせはこちらから

または

株式会社RDサポート ヘルスケア事業部
Tel:03-5217-5565 E-Mail:info@shoku-pro.com

↑ページの先頭へ